キリスト教葬儀のポイント

神道 葬儀

前夜祭

本来キリスト教には通夜はありませんが、日本では慣習に従って「前夜祭Jが執り行われています。

その内容はカトリックとプロテスタントで異たよりますが、基本的には仏式に沿ったものとなっています。

・カトリックの式次第.
①聖歌の斉唱
②聖書朗読
③神父による説教
④通夜の祈り
⑤焼香、献花
⑤イエスへの祈り
⑦喪主の挨拶

プロテスタン卜の式次第.
①賛美歌の斉唱
②聖書朗読
③通夜の祈り
④賛美歌の斉唱
⑤牧師による感話
⑥焼香、献花
⑦喪主の挨拶

 

茶話会

前夜祭後は、神父または牧師とともに身内だけで茶話会をします。

用意されるものも茶菓類が主で、喪家によっては食事を用意するケースもみうれますが、酒類は控えられます。

 

葬儀・告別式

キリスト教では葬儀と告別式の区別が広いため、告別式は日本の慣習に合わせて作られました。

葬儀そのものは神父や牧師が取り仕切ることが多いようです。

葬儀の際、教会、自宅など場所を問わす2、391J目までは遺族うの席となっていますので、会葬者はその後ろの空いている席に座ることになります。

.カトリックの式次第.
①入堂と聖歌
②遺体への表敬
③聖書朗読、福音朗読
④神父による説教
⑤共同祈願
⑤感謝の典礼
⑦結びの祈り

 

プロテスタン卜の式次第.
①賛美歌
②聖書朗読
③祈梼
④故人の略歴朗読
⑤説教
⑤祈祷
⑦献花

キリスト教葬儀

出棺

キリスト教では棺はいちばんに退場するのが正式なのですが、最近では最後に出ることが多いようです。

出棺の際には、棺を担いだ遺族数人の次に遺影と十字架を持った遺族が続きます。

 

火葬

本来、キリスト教は土葬が原則です。

しかし日本ではほとんどの地域で土葬が認めうれていないので、キリスト教でも火葬が行われます。

棺を十字架や花で飾り、聖歌賛美歌を斉唱します。

骨あげは仏式の作法に沿って行われますが、遺骨は黒い布で包まれることが多いようです。

 

祭壇

キリスト教には遺骨を安置するという習慣がありません。

ですから仏式でいう「あと飾り」は、十字架に遺骨、骨董を安置するだけという質素なものです。

キリスト教葬儀2

神式葬儀の注意点

. 通夜祭

神道では死を穣れとしているので、通夜祭は神社ではなく自宅もしくは斎場で行います。

こうした式を執り行う神宮を斎主、式の進行役を斎員と呼びます。

通夜祭に引き続いて「遷霊祭」を行います。

「みたまうつし」ともいい、仏式nいじの位牌にあたる霊璽に死者の霊を移すための儀式です。

神式葬儀

 

・手水の儀

神道では、祭式の前に身を清めるために「手水の儀」を行います。

やり方は、橘の水をひしゃくですくって左手に3回、右手に3回そそぎます。

さらに左手で水を受けて口をすすぎ、そのあとにもう一度左手にそそいで、ひしゃくを元に戻します。

最近では、この儀式を省略する場合もあるようです。

玉串奉奠

榊の木の枝に紙垂という奉書紙を細長く切って付けたものを「玉串Jといい、「奉莫」という字には俸げるという意昧があります。

つまり「玉串奉莫」は玉串を神に捧げることで、神事には欠かせない儀式です。

.通夜祭.
①手水の{義
②斎主、喪主の着席
③遺族、親族、参列者の着席
④拝礼
⑤献穣
⑤祭詞奏上
⑦諒歌奏上
③玉串奉莫
⑨拝礼
⑩一同退出

遷霊祭
①式場を消灯
②遷霊の詞
③霊璽安置
④室内点灯
⑤一堂着席
⑥斎主、参列者一礼
⑦献銭
③遷霊の詞奏上
⑨玉串奉莫

葬場祭

神道では、仏式の葬儀告別式にあたるものを「葬場祭」といいます。

故人の霊は祖先の霊とともに家に留まり一家を守る神になるとされており、葬場祭は死の被れを清めて故人を神として肥るための儀式になります。

神道は死を不浄なものとしているので、葬場祭も神社では芯く自宅や斎場に神宮を招いて行います。

準備の仕方は仏式とほとんど同じですが、慣れていない会葬者が多いので、式次第や作j去を記したものを配るなどの心遣いが必要でしょう。

神道 葬儀

出棺祭

出棺の際には「出倍祭」を行います。

祭詞を奏上して玉串奉莫を行いますが、最近では葬場祭と一緒にして出棺祭を省略することが多いようです。

芯お、釘打ちなどは仏式と同じように行います。

一方、出棺の後に式場とそこを片付けた人には「後破の儀」が行われます。

これは遺族や式場の死の綴れを清めるためうの儀式です

火葬祭

火葬場で行う儀式、仏式の「納めの式」にあたるのが火葬祭です。

葬祭異などを火葬炉の前に飾り、斎主が祭詞を奏上したあとで玉串奉莫を行います。

これが終わると棺は火葬されます。

火葬がすむまでの飲食のふるまいや、骨あげの作法は仏式と同様に芯ります。

神道の正式な埋葬方法は土葬です。

しかし、現在では部の地域を除いて土葬が禁止されているため、火葬が行われています。

仏式と同じ作法で行われるのは、そうした理由からでしょう。

帰家祭

火葬場から戻ったら、清めの塩をかけてから家に入ります。

仮祭壇に遺骨と霊璽を安置し、遺影や神銀などを飾って帰家祭を行います。

現在では、帰家祭のあとすぐに仏式の初七日にあたる十日祭と精進落としを行うことが多く芯っています。

精進落としに出す料理や酒類は仏式と変わりません。

精進藩としとあと飾り

あと飾り・精進藩とし火葬が終わったら、そのまま墓所へ遺その昔、遺族は忌明けまで肉や魚、を断骨を埋葬しに行か芯いのであれば自宅にち、いわゆる精進料理を食べて身を慎み戻ります。

ました。

そのことから精進落としとは、玄関先で自分の体に清めの塩を振りか忌明け後に初めて精進料理以外の食事をけ、忌中札をはすし、部屋の西側か北側とることを意味しています。

に遺骨を安置する小祭壇を設けます。

こ現在では、葬儀後すぐに初七日法要とれをあと飾りといいます。

あと飾りは仏精進落としを行い、「葬儀後の会食」ゃ壇のある部屋に置くのが望ましいのです「初七日法要の会食jの席とすることがが、仏壇が広かったり、あっても部屋に多いようです。

余裕がなかったりする場合は他の部屋でもひまいません。

寺院の入り口や山門の両脇に立つ仁王様。

向かつて右で口を開けているのが密迩金岡lj (みっしゃくこんごう) 、左で口を閉じているのが那羅延金剛(ならえんこんごう)です。

2体とも怠怒の形相をしており、武器を持った勇猛な姿で立っています。

その体には腰に稽(くん)という長い布をまとうのみ、上半身は裸で隆々とした筋肉がついているなど力強さを感じさせる特徴を多く備えています。

この2体はもともと同体で、w迩金剛が口を関けて「阿(あ)」を、那羅延金剛が口を閉じて「日午(うん)」を表しています。

これは「阿」がサンスクリットの最初の音、「昨」が最後の音で、そこから万物の始めと終わりを象徴しているためです。

また、奉納されている大きな草l覆は、仁王様が健康の象徴であり健脚の神であることに由来しています。

『臨海斎場 家族葬』 仏式

東京大田区で葬儀社を探す時は臨海斎場 予約で葬儀社見積もりを2社以上検討してください。

臨海斎場 予約で葬儀を行えば葬儀式場費用を抑えた家族葬が可能です。

火葬場とも併設しているので移動費用も削減できます。

通夜は、
故人を葬る前に遺族や親族、
友人ー知人などが最後のお別れを行う儀式です。

この風習は平安時代にはすでにあったようです。

通夜には、
遺族や親族のみで行う「仮通夜」と一般の弔問を受ける「本通夜」があります。

現在、
特に都市部ではどちらも短時間ですませるのが般的で、
午後5時か6時ごろから3時間程度で終わります。

通夜ぶるまいとは、
故人の供養の環として会葬者に食事とお酒をふるまうことです。

本来は精進料理でしたが、
現在は寿司やサンドイツチ、
弁当、
煮物や揚げ物、
お菓子、
果物広どを用意することが多いようです。

これには訪れた人全員を誘いますが、
遠慮する人を無理に引き留めるのはやめた方がよいでしょう。

また、
料理は足りなくなることがありますので、
多めに用意しておくと安心です。

仮に他人から聞いたような本に書いてあるかのようなこの点が良いとされる場所にしてもいつも手を合わせられない、
みたいなスペースでは、
効果がないのです無意味だと考えられます。

hana (87)

葬儀とは、
故人の成仏と冥福を祈って僧侶が引導を渡す儀式です。

出席者も族と親族が中心となります。

それに対して告別式は友人知人芯ど、
故人とゆかりのあった一般の人々が焼香によって最後のお別れをする儀式です。

元々は別個に営まれていましたが、
今では一緒に営む場合が多いので般弔問客も葬儀から訪れるのが普通になっています。

葬儀と告別式が一緒に行われる場合、
葬儀は僧侶の読経に始まり、
遺族。

親族の焼香で終わります。

その後小休憩が入って告別式に移り、
一般弔問客の焼香がすんだう終了となります。

ところで、
喪主遺族は弔問客の送り迎えはしません。

そうしたことは近親者などに任せて、
祭壇の前で弔問客の焼香と挨拶を受けるのが務めだからです。

そして、
喪主や遺族が弔問客を見送ることが忌まれているためです。
葬儀の動向や行うべき点と言えるのは大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、

料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

 

別れ花と釘打ち

告別式が終わると、
棺の頭の方を北向きにして蓋を聞きます。

そして、
喪主、
遺族をはじめ、
親族や参列者が故人と最後の対面をします。

このとき、
供花の花の部分だけをちぎった「別れ花」を故人の周囲に敷きつめます。

これが終わると棺は閉じられ、
釘打ちに移ります。

釘打ちは、
棺の蓋に石で釘を打ち込む儀式です。

使われる石は三途の川の石を表しており、
三途の川を無事に渡れるようにとの祈りが込められているといわれています。
東京臨海斎場 予約時は臨海斎場 予約で大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、

大阪市立北斎場をご覧になってください。

手順が分かりやすく紹介されています。

見積もりを14社以上検討してください。

臨海斎場 予約で葬儀を行えば葬儀式場費用を抑えた家族葬が可能です。

火葬場とも併設しているので移動費用も削減できます。

臨海斎場 予約は公営斎場で有名なので弔問いただく方も分かりやすいと評判です。

先ずは病院からご遺体を搬送する事が第一です。

ご遺体を一旦ご自宅か安置施設に搬送すれば、

少し落ち着いて葬儀について考える事が出来ます。

当サイトで紹介する大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、

大阪市立北斎場をご覧になってください。
大阪市立北斎場 お葬式 一日葬(ワンデーセレモニー)僧侶」という呼び方も「葬儀・法事だけに関わりたがる僧侶」をからかった言い回しだけでなく「葬儀に従事するから穢れている」という意味内容を示したりする。

wallpaper-buddhist-statue-photo-08

出僧

釘打ちのされた棺は霊枢車へ運ばれます。

先頭の喪主は位牌、
欠の遺族は遺影、
その他の遺族や親族の男性が6人で棺を持ちます。

棺は足を前にして運び、
霊枢車へも足の方から納めるのが習わしです。

また、
白宅での葬儀の場合、
棺は玄関から出さないことになっています。

これは、
家の出入口である玄関から出すと故人が戻ってくると考えうれていた名残ですが、
現在の住宅事情かう不可能な場合はやむを得ないでしょう。

伝統的に地元密着といった葬式会社が多かったようですがここ数年はお客様の希望に合わせた大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、大阪市立北斎場をご覧になってください。手順が分かりやすく紹介されています。など、特色をPRした、大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。も多数あります。
四十九日法事は法要式場の準備や位牌の手配など事前準備をしておくことが多いので、(いつまでに何をするべきか)きっちりと察しておく必要があるでしょう。
葬儀式と言う催しを執り行うことで身近な人の死というつらい相違を受け入れ、気持ちを切り替え新しい生活への、きっかけとなります。
無宗教のお見送りの際は自由にできる一方でそれなりのシナリオを準備する、条件もありますが、望みや考え方を元に、お見送りの儀を生み出す、進行が多くみられます。
昔は墓石とされるものは暗く悲しい思案があるといわれていますが、この頃は公園墓園などといった明々な墓園が中心です。

満足できる葬式だったと思えるためにもうっすらで問題ないのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ、といった予備知識を、お持ちになると良いでしょう。
静かでコンパクトな葬儀告別式を検討しているのに派手な祭壇や派手な飾り付けを押し付けられる場合は、大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明・納めの式
火葬場で行われる「納めの式」は、棺
を火葬炉に移す前に行う故人とのお別れ
のことで僧侶が同行しているときは読経
が芯されます。
火葬が終わるまでの聞は参列者に飲み
物や茶菓をふるまいますが、飲食物が残
っても持ち帰らないのがマナです。

3269851_1

・骨あげ

火葬が終わると、参列者は骨あげをします。骨あげとは火葬後の遺骨を箸で拾って骨壷に納めることで、これには此岸(この世)から彼岸(あの世)への橋(箸)渡しをするという意昧があり、故人と血縁の深い順に人から人へ回し渡すか二人一組で行います。

子供のころ、箸と筈で食べ物を渡しちゃいけないって怒られたことがありました。
その経験は誰にでもあるだろうな。
一つの食べ物を2本の筈で持つことを「箸渡しJといって、骨あげの動作と重なる。だから蓄のマナとして、してはいけないことになっているんだね。