精進藩としとあと飾り

あと飾り・精進藩とし火葬が終わったら、そのまま墓所へ遺その昔、遺族は忌明けまで肉や魚、を断骨を埋葬しに行か芯いのであれば自宅にち、いわゆる精進料理を食べて身を慎み戻ります。

ました。

そのことから精進落としとは、玄関先で自分の体に清めの塩を振りか忌明け後に初めて精進料理以外の食事をけ、忌中札をはすし、部屋の西側か北側とることを意味しています。

に遺骨を安置する小祭壇を設けます。

こ現在では、葬儀後すぐに初七日法要とれをあと飾りといいます。

あと飾りは仏精進落としを行い、「葬儀後の会食」ゃ壇のある部屋に置くのが望ましいのです「初七日法要の会食jの席とすることがが、仏壇が広かったり、あっても部屋に多いようです。

余裕がなかったりする場合は他の部屋でもひまいません。

寺院の入り口や山門の両脇に立つ仁王様。

向かつて右で口を開けているのが密迩金岡lj (みっしゃくこんごう) 、左で口を閉じているのが那羅延金剛(ならえんこんごう)です。

2体とも怠怒の形相をしており、武器を持った勇猛な姿で立っています。

その体には腰に稽(くん)という長い布をまとうのみ、上半身は裸で隆々とした筋肉がついているなど力強さを感じさせる特徴を多く備えています。

この2体はもともと同体で、w迩金剛が口を関けて「阿(あ)」を、那羅延金剛が口を閉じて「日午(うん)」を表しています。

これは「阿」がサンスクリットの最初の音、「昨」が最後の音で、そこから万物の始めと終わりを象徴しているためです。

また、奉納されている大きな草l覆は、仁王様が健康の象徴であり健脚の神であることに由来しています。

お葬式費用お葬式費用

SNSでもご購読できます。