神式葬儀の注意点

. 通夜祭

神道では死を穣れとしているので、通夜祭は神社ではなく自宅もしくは斎場で行います。

こうした式を執り行う神宮を斎主、式の進行役を斎員と呼びます。

通夜祭に引き続いて「遷霊祭」を行います。

「みたまうつし」ともいい、仏式nいじの位牌にあたる霊璽に死者の霊を移すための儀式です。

神式葬儀

 

・手水の儀

神道では、祭式の前に身を清めるために「手水の儀」を行います。

やり方は、橘の水をひしゃくですくって左手に3回、右手に3回そそぎます。

さらに左手で水を受けて口をすすぎ、そのあとにもう一度左手にそそいで、ひしゃくを元に戻します。

最近では、この儀式を省略する場合もあるようです。

玉串奉奠

榊の木の枝に紙垂という奉書紙を細長く切って付けたものを「玉串Jといい、「奉莫」という字には俸げるという意昧があります。

つまり「玉串奉莫」は玉串を神に捧げることで、神事には欠かせない儀式です。

.通夜祭.
①手水の{義
②斎主、喪主の着席
③遺族、親族、参列者の着席
④拝礼
⑤献穣
⑤祭詞奏上
⑦諒歌奏上
③玉串奉莫
⑨拝礼
⑩一同退出

遷霊祭
①式場を消灯
②遷霊の詞
③霊璽安置
④室内点灯
⑤一堂着席
⑥斎主、参列者一礼
⑦献銭
③遷霊の詞奏上
⑨玉串奉莫

葬場祭

神道では、仏式の葬儀告別式にあたるものを「葬場祭」といいます。

故人の霊は祖先の霊とともに家に留まり一家を守る神になるとされており、葬場祭は死の被れを清めて故人を神として肥るための儀式になります。

神道は死を不浄なものとしているので、葬場祭も神社では芯く自宅や斎場に神宮を招いて行います。

準備の仕方は仏式とほとんど同じですが、慣れていない会葬者が多いので、式次第や作j去を記したものを配るなどの心遣いが必要でしょう。

神道 葬儀

出棺祭

出棺の際には「出倍祭」を行います。

祭詞を奏上して玉串奉莫を行いますが、最近では葬場祭と一緒にして出棺祭を省略することが多いようです。

芯お、釘打ちなどは仏式と同じように行います。

一方、出棺の後に式場とそこを片付けた人には「後破の儀」が行われます。

これは遺族や式場の死の綴れを清めるためうの儀式です

火葬祭

火葬場で行う儀式、仏式の「納めの式」にあたるのが火葬祭です。

葬祭異などを火葬炉の前に飾り、斎主が祭詞を奏上したあとで玉串奉莫を行います。

これが終わると棺は火葬されます。

火葬がすむまでの飲食のふるまいや、骨あげの作法は仏式と同様に芯ります。

神道の正式な埋葬方法は土葬です。

しかし、現在では部の地域を除いて土葬が禁止されているため、火葬が行われています。

仏式と同じ作法で行われるのは、そうした理由からでしょう。

帰家祭

火葬場から戻ったら、清めの塩をかけてから家に入ります。

仮祭壇に遺骨と霊璽を安置し、遺影や神銀などを飾って帰家祭を行います。

現在では、帰家祭のあとすぐに仏式の初七日にあたる十日祭と精進落としを行うことが多く芯っています。

精進落としに出す料理や酒類は仏式と変わりません。

お葬式費用お葬式費用

SNSでもご購読できます。