キリスト教葬儀のポイント

前夜祭

本来キリスト教には通夜はありませんが、日本では慣習に従って「前夜祭Jが執り行われています。

その内容はカトリックとプロテスタントで異たよりますが、基本的には仏式に沿ったものとなっています。

・カトリックの式次第.
①聖歌の斉唱
②聖書朗読
③神父による説教
④通夜の祈り
⑤焼香、献花
⑤イエスへの祈り
⑦喪主の挨拶

プロテスタン卜の式次第.
①賛美歌の斉唱
②聖書朗読
③通夜の祈り
④賛美歌の斉唱
⑤牧師による感話
⑥焼香、献花
⑦喪主の挨拶

 

茶話会

前夜祭後は、神父または牧師とともに身内だけで茶話会をします。

用意されるものも茶菓類が主で、喪家によっては食事を用意するケースもみうれますが、酒類は控えられます。

 

葬儀・告別式

キリスト教では葬儀と告別式の区別が広いため、告別式は日本の慣習に合わせて作られました。

葬儀そのものは神父や牧師が取り仕切ることが多いようです。

葬儀の際、教会、自宅など場所を問わす2、391J目までは遺族うの席となっていますので、会葬者はその後ろの空いている席に座ることになります。

.カトリックの式次第.
①入堂と聖歌
②遺体への表敬
③聖書朗読、福音朗読
④神父による説教
⑤共同祈願
⑤感謝の典礼
⑦結びの祈り

 

プロテスタン卜の式次第.
①賛美歌
②聖書朗読
③祈梼
④故人の略歴朗読
⑤説教
⑤祈祷
⑦献花

キリスト教葬儀

出棺

キリスト教では棺はいちばんに退場するのが正式なのですが、最近では最後に出ることが多いようです。

出棺の際には、棺を担いだ遺族数人の次に遺影と十字架を持った遺族が続きます。

 

火葬

本来、キリスト教は土葬が原則です。

しかし日本ではほとんどの地域で土葬が認めうれていないので、キリスト教でも火葬が行われます。

棺を十字架や花で飾り、聖歌賛美歌を斉唱します。

骨あげは仏式の作法に沿って行われますが、遺骨は黒い布で包まれることが多いようです。

 

祭壇

キリスト教には遺骨を安置するという習慣がありません。

ですから仏式でいう「あと飾り」は、十字架に遺骨、骨董を安置するだけという質素なものです。

キリスト教葬儀2

お葬式費用お葬式費用

SNSでもご購読できます。